エクセルの上付き文字設定時に「フォントサイズは、1 から 409 の範囲で指定してください」のエラーが出るときの解消法

スポンサーリンク

オフィスソフト

 

エクセルでフォントを上付き文字や下付き文字に設定する際に、「フォントサイズは、1 から 409 の範囲で指定してください」のエラーが出るときはないですか?

 

自分の場合、エクセルのフォントを上付き文字や下付きに設定すると、たまに「フォントサイズは、1 から 409 の範囲で指定してください」のエラーが出て、途方にくれてしまうことがありました。

 

記憶にないですが、確かエラーは解消せず諦めたような・・・。

 

そんで今日、「フォントサイズは、1 から 409 の範囲で指定してください」が出る謎がついに解明できたので、忘れないようにメモしておきます。

 

このエラー、実は凄く単純な現象でした。

 

セルの表示形式がパーセンテージになっていて、この時にフォントを上付き文字や下付き文字にしようとすると、「フォントサイズは、1 から 409 の範囲で指定してください」のエラーが表示されるようです。

 

解消方法も簡単で、セルの表示形式を「標準」か「数値」にするとエラーが解消され上付き文字もしくは下付き文字にすることができました。

 

エクセルに詳しい人ならなんちゃないエラーだと思いますが、ネットでググっても解消法にたどりつけなかったんですよね。常識的なエラーなんですかね・・・。

 

セルの表示形式を「標準」か「数値」に変える手順は以下の通り。

  1. セルを右クリックしてセルの書式設定をクリック。
  2. 「表示形式」のタグを選択。
  3. 「標準」もしくは「数値」を選んでOKをクリック。

 

これで上付き文字や下付き文字に設定しようとしてもフォントのエラーは表示されないはずです。

 

こんなことで時間を潰してしまうのはもったいない。謎が解明できたので、これで仕事が捗ります。

 

コメント