JUGEMブログをWordPressへ移行後のnoindex化の方法

スポンサーリンク

blog

 

前の記事で、ロリポブログ(JUGEMブログ)をWordPress(エックスサーバー)へ移行させた話を書きました。

 

>> ドメイン期限切れ!ロリポブログ(JUGEMブログ)のWordPressへの移行手順

 

ロリポブログ(JUGEMブログ)のWordPressへの移行は成功したのですが、そういや、この場合、2つのまったく同じ内容のブログが2つ世の中に存在することになる!

 

このままだと、Googleなどの検索エンジンに、新しいWordPressブログがコピーサイトであると認識され、SEO的によろしくないです。

 

ということで、JUGEMブログをnoindex化し、検索エンジンにインデックス化させないようにしたので、JUGEMブログをnoindex化の方法を紹介します。

 

*追記:JUGEMブログ(無料)は、モバイル版は編集ができません。

 

JUGEMブログのHTML編集フォームにnoindexを記述する

ネットで調べてみたところ、JUGEMブログのHTML編集フォームにnoindexのコードを記述するとOKでした。

 

参考にさせてもらったのは以下のサイトの記事。

 

>> 301リダイレクトができないJUGEMからWordPressに引っ越しするときにやったこと

 

HTML編集フォームにコードを入力する手順

まずJUGEMブログにログインします。

 

管理画面の デザイン > HTML・CSS編集 をクリック。

 

JUGEM_HTML編集

 

 

HTML編集フォームが表示されるので、

 

HTML編集フォームの<head>の下に、下記のコードを挿入します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

 

コードを挿入し、「HTMLを編集」をクリックしたらOK。

 

新WordPressブログのURLへ転送できるようにしておく

ついでに、移送先の新WordPressブログに転送できるようにしておくと、旧JUGEMブログに訪れたユーザーが、新WordPressブログへ自動で転送されます。

 

これもHTML編集フォームにコードを挿入します。

 

こちらも同じく下記のサイトの記事を参考にさせてもらいました。

 

>> 301リダイレクトができないJUGEMからWordPressに引っ越しするときにやったこと

 

ブログ転送のコード入力の手順

先ほどHTML編集フォームに挿入した

<meta name=”robots” content=”noindex”>

のコードの下に、下記のコードを挿入します。

 

<link rel=”canonical” href=”https://○○○.com/” />

<meta http-equiv=”Refresh” content=”1;URL=https://○○○.com/” />

 

「https://○○○.com/」は、転送先のURLです。自分の転送先のブログのURLを入力します。

 

<link rel=”canonical” href=”https://○○○.com/” />は、

このページは「https://○○○.com/」のページのコーピーですと宣言するコードだそうです。

 

<meta http-equiv=”Refresh” content=”1;URL=https://○○○.com/” />は、

指定した秒数が経つと、指定の「https://○○○.com/」へ自動転送するというコードだそうです。

 

「”1;URL=」の1は1秒、3にすれば3秒後に転送されます。好きな秒数の数字を入れればOK。

 

*追記:JUGEMブログ(無料)は、モバイル版の編集ができません。よって、上の方法でPC版は転送できますが、モバイル版は残念ながら転送ができませんでした。

 

まとめ

これで旧ブログ(JUGEMブログ)は検索エンジンのインデックスから削除され、新ブログ(WordPressブログ)がインデックス化されるはず。

 

ロリポップ!のレンタルサーバーは、いずれ契約解除する予定なので、旧ブログは消えてなくなるんですけどね。

 

こういうことは早めに対応しておいた方が良いでしょう。

コメント